トップページ > i-Ten-Laboについて > スタッフ紹介 > おめがね

おめがね #57本邦最初鉄筋混凝土橋

小野貴志のおめがねにかなった日々の出来事、気になったことをお伝えします。
2006年4月26日。

情報登録日:2006-04-26 01:46:43 (ono)

やっと見られました。

日本最初の鉄筋コンクリート橋
マンション鉄筋強度の偽装問題で、日本中が騒いでいますが、その鉄筋コンクリートについてです。

鉄筋コンクリートって、ほんとに長持ちする構造です。
この写真の鉄筋コンクリート橋は、明治36(1903)年7月に作られたものですが、まだまだ現役です。

これは、琵琶湖疎水を作るにあたって、その疎水にかけられた橋のひとつですが、当時としては最新技術である鉄筋コンクリートを使って作られた貴重なものです。

わたってみましたが、そんなに古い感じは受けず、他のコンクリート橋となんら変わりありません。

でも歴史を感じました。

本邦最初鉄筋混凝土橋の石碑この橋ができた、明治36年は、明治政府による小学校令が出され公教育が始まった年です。
そしてこの年の12月、ライト兄弟が人類初の動力飛行に成功した年でもあります。

それが、こ100年以上たった2006年にも現役で使われています。

きっちりとした鉄筋コンクリートを作れば、余裕で100年は持つものが作れるんですね。

偽装マンション問題で逮捕された人には、この橋を作った田辺朔郎を見習ってほしいものです。


関連する情報help

キーワード小野貴志にマッチする情報

関連書籍


コメント


コメントを書き込む 初めて書き込む方は注意書きをお読みください

タイトル:
コメント:

トラックバックhelp

この記事のトラックバックURL : http://www.i-ten-labo.info/trackback.php?id=513

< 前の記事へ |現在のカテゴリへ| 次の記事へ >